商品について

商品はどのように購入すればよいのでしょうか?

まずはお問い合わせください。お近くに販売店をご紹介させていただきます。

お問い合わせはこちらから。

オリジナルユニフォームを申し込みたいのですが、どんな手続きが必要ですか?

ご希望のデザイン、アイテム、必要枚数、納入希望日など、ご要望についてお伺いします。まずは、お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから。

生地の厚みが分かりません。目安となるものはありますか?
糸の太さ、密度によって多少異なりますが、一般的な白衣用織物(コックコート・調理衣など)でいうと 生地名が、
ブロード→ポプリン→タッサー→ツイル→カツラギの順に厚くなります。

取扱いについて

洗濯表示の見方を教えてください。

下記の表をご覧くださいませ。
※日本工業規格 JIS L0217(繊維製品の取扱いに関する表示記号及びその表示方法)から抜粋しております。

洗濯方法の表示

  • 液温は、95℃を限度とした洗濯ができる。(家庭用洗濯機には、60°C以上の液温の使用は不可)

  • 液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。

  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。

  • 液温は、40℃を限度とし、水洗いは洗濯ネットを使用すること。

  • 液温は、30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。(洗濯機は使用できない。)

  • 水洗いはできない。

  • ドライクリーニングができる。溶剤は、パークロルエチレン又は石油系のものを使用する。

  • ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。

  • ドライクリーニングはできない。

  • 水洗いは中性洗剤を使用すること。

  • 塩素系漂白剤による漂白ができる。

  • 塩素系漂白剤による漂白はできない。

  • アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃から210℃まで)で掛けるのがよい。

  • アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃まで)で掛けるのがよい。

  • アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃から120℃まで)で掛けるのがよい。

  • アイロン掛けはできない

  • アイロン掛けの際は当て布をすること。

絞り方・干し方について

  • 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞るのがよい。

  • 絞ってはいけない。

  • つり干しがよい。

  • 日陰のつり干しがよい。

  • 平干しがよい。

  • 日陰の平干しがよい。

採寸方法を教えてください。

下記の図をご覧くださいませ。

基本身体寸法

A身長
靴を履かずに床面から頭の先までの垂直距離
Bバスト(レディス)
胸の一番高い部分を通り水平に測った周囲の長さ
Cバスト(メンズ)
両腕の脇を通り水平に測った周囲の長さ
Dウエスト
胴のいちばん細い位置の周囲の長さ
Eヒップ
腰のいちばん大きい位置の周囲の長さ

ウェアの採寸位置と呼称

a肩巾
左肩先から右肩先までを直線で測る
bバスト
両袖付け下を直線で測り2倍する
c着丈
後衿ぐりの中央から後見頃裾までを直線で測る
d袖丈
袖付けの肩先から袖口端しまでを直線で測る
e桁丈
後衿ぐりの中央から肩先を通って袖口端までを直線で測る
f総丈
ベルトの上端から裾までを測る
g股上
総丈から股下を引いた長さ
h股下
内股合わせから裾までを直線で測る
i腰巾
腰ひも位置の周囲の長さ